カテゴリー別アーカイブ: 未分類

日常とカオス

20年くらい前に大流行したスチール棚に何やら植物をたくさん育てている。

狭い食卓テーブルに何やら日常の道具が鎮座ましましている。

なにやらその混沌とした様子に愛を感じる。

私はその混沌とした様子がかなり好きだ。憧れるといってもいい。尊敬している。

しかし、美しい日常の混沌は難しい。そこに愛を感じる様子となるといよいよ難しい。

今日は仕事から帰って、ゴロゴロしていた。かろうじてお風呂の準備と夕食の用意をした。

買い物も行ってないので毎度の横着手抜き飯。

image

手間はかけてないけど、材料を無駄にしない様に、栄養や配偶者の体調や好みも考えて作っているのに、なにやら殺風景な気がする。器も新婚当時から20年以上大切に使っているモノばかり。

妹は昔から収集癖があって彼女の家はカオスだ。カオスだが掃除はそこそこ几帳面にしている。
が、新築の家も彼女は即座にカオス化してします。雰囲気のある空間を作り出す。なにやら綺麗好きのおばあちゃんの部屋の様な暖かさがある。写真を撮らせてもらいたい。今度交渉してみる。

あっ、そうそうそ彼女が住むと新築の家も同潤会アパートの様な雰囲気になる。

私の家は配偶者曰く寒々しいと(暖かいんだけどね)

image

簡素であるコトと暖かみ、一見相反する様に思われるが、それを兼ね備えた部屋をたまに見る。

最近では杏ちゃんと長谷川博己の出演しているドラマ、デートの藪下依子(杏)の実家、依子の住む官舎、谷口巧(長谷川博己)の個室。どの部屋も簡素だけど暖かみがある素敵な部屋。

そんな部屋に憧れる、なにが足りないのか?愛?

保存ビンとグラノーラ

またまた、食べ物の話か?  という感じですが。

 

いえいえ、食べ物はあくまでできっかけで簡素に暮らすコトがテーマです。

 

昨日、妹が手作りグラノーラを作ってくれました。

妹は私が思いもつかない食べ物を作って来てくれます。妹のお陰で私の食べ物は健康で豊かなモノになっています。(余談ですが。)

妹のグラノーラはあの有名な自由が丘グラノーラと同じくらい美味しかったです。

最近朝がつらい私をこのグラノーラが励ましてくれるわ。妹よありがとう。

 

 

グラノーラの入ってる保存ビンはドイツのWECKです。

イチゴのトレードマークが可愛くて我が家の保存ビンは各サイズこのWECKです。

最近はメイソンジャーが人気の様ですが、私個人的には金物の音やにおいが苦手で。

 

WECKはフタがガラスだったり、プラスチックだったり用途に応じて選べるのが便利。

ガラスのフタがは特に素敵。 (メイソンジャーのようにサラダを持ち歩くのには適さないだろうけど)

ジャムやお漬物を保存して冷蔵庫に収まっている姿もかわいい。

 

私的簡素に暮らすためのコツとして好きなモノでシステム化するがあります。

 

保存ビンなどは確かにワンコインショップにいけば100円で買えますが、このWECKの保存ビンも小さいモノなら400円くらいから購入出来ます。

その機能美に対する金額として決して高価なものではないし、100円のビンを4つ買うよりWECKを1つ買う方が楽しい。その美しい姿を眺めていると幸せになるし、掃除やお料理のやる気につながるから。私など食費の節約にもなるです。

決して高価ではないけど、ちゃんと伝統と機能が備わっているモノはほんとうに美しい。

保存ビンはこのブランドと決める。靴ならこのブランド。私のモノ選びはそんな風にシステム化されつつあり、そのシステム化が簡素に暮らすための、私の手段の1つになっています。

ブランドといってもぶっ飛ぶような高価なものでなく、WECKのよに身近にあるモノなのですが。

妹のグラノーラとWECKの保存ビン

image

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食の場面のモノたち

昼食、また食べ物の話か。でなくやっぱりモノの話です。

どうしたら簡素に暮らせるかと昼食のテーブルに並んだモノを眺めながら模索しているのです。

image

今日は13時から出かけるのでいつもに増して簡単な昼食です。

でも、この簡素な昼食の景色はとっても落ち着く。

少しのモノだけどれも好きなモノばかり。なくなったり、壊れたりしたら悲しくなるモノばかり。

どっちでも、どうでも、なんでも、なんとなく、なんてモノがない状態。ほんと落ち着く。

もう、ほかに必要なモノがない状態。心地よい。

でも、それは昼食という短い場面、テーブルの上という小さい場面。

それが家全体へ、暮らし全体へと。この落ち着く感を浸透させたい。

 

庭の胡蝶蘭

今年は夏に雨がたくさん降ったので庭で胡蝶蘭に蕾が付きました。

正しい管理とは違うと思いますが、簡単に胡蝶蘭を咲かせる私の経験的管理方法ですがかなりの確率で蕾が付くのでご参考に。

胡蝶蘭は東南アジア原産なので最近の暑い倉敷の気候だと簡単に蕾が付きます。

寒さには弱いので花後GWくらいまでは室内で管理しいます。

最近は暑いので4月くらいには外へ出しても大丈夫かなぁ?

屋外では落葉樹の下などでしっかり遮光して加湿気味で管理します。

水はドボドボ鉢に水をあげるのでなく、周りに給水する感じ(この塩梅がちょっとわかりにくかも)加湿する感じなのですが。蘭は着生植物なので乾燥には強いはずなので根は少し乾き気味だけど高温多湿な感じで。

私は外で管理している間は水も肥料も上げないんだけど、水くらいはあげた方が蕾が付く確率は高いでしょうね(たぶん)

ちゃんと遮光ができて、水と、肥料が足りていれば冬に開花した株が庭で夏に咲くこちもあります。

私の場合は何にも世話をしないので夏に咲いた事はないのだけど、お客様のお庭では開花します。

今年のように雨が多ければ水をあげなくても11月くらいには蕾ができます。

image

 

 

肥料不足で小さい蕾ですが。ひよひよとした可憐な花を咲かせます。

じつは、この株には2本花芽が出来ていたのですが、私が気が付かずに折ってしまって。くーっ残念。

胡蝶蘭に蕾をつけさせるには花後に花茎を下から3節くらいを残して切れと言われているので、この作業をしていなかったのでまさか蕾が付いていると思わなかったので、気が付かずに折ってしまいました、でも切らなくても蕾は付くようです。

大切なのは夏場の遮光と加湿。冬場の温度と肥料、加湿 だと思います。

蕾が付いたら暖かい室内に取り込んで、蘭用の液肥を1週間に1度くらいの間隔で施肥します。施肥することで輪が大きくなることはありませんが花数は増えます。

 

私のやり方ではプロの蘭農家さんが育てられる様な立派な花はさきません。

が小ぶりで可愛らしい花が簡単に咲きます。 なかなか上手く説明出来ない…

image

ポストカードを飾る

ポストカードを飾る ハシモトの家

私の朝食用のパンはいつも妹が焼いてくれます。

先日パンをもらいに行ったらパンにこのカードが添えてありました。吹き出しのセリフは妹がアレンジしたものです。
妹は紙の使い方がとっても上手だと思います。

このカードは倉敷の林玄十郎商店で開催されるチクリンのフライヤーです。
あんまりかわいいのでもって帰って飾りました。

DSC_0489

あんまりモノを飾ったりしないのですが、ポストカードは気軽に飾れて邪魔にならず、気分転換になるのでお気に入りや季節のモノを時々飾ります。

ポストカードの女性に似ていると妹が言ってくれたハシモトの家園芸部部長。ポストカード彼女の様に美白ならいいのの・・・
でも、園芸部部長なので仕方ないです。

DSC_0499

映画 小さいおうちのキッチン

映画小さいおううちのキッチン

私は常々家は小さい方がいいと思っています。大きいと掃除が大変です。
ハシモトの家は小さいですがいつも掃除がいき届きません。ルンバが欲しいです。

映画の舞台は昭和11年ごろに建てられた山手のモダンな家が主な舞台です。

かね勾配の赤い瓦屋根に、雰囲気のある鎧窓(劇中では雨戸といってました)
コンパクトで美しい家具、木の建具。洋風でありながら日本の空気感や景色に似合う美しい家です。

なかでも素敵なのは白いタイル張りのキッチンです。

白いタイルのキッチンはもちろん非対面で窓に向かって設置されています。

私は最近テレビを観ながらお料理したり、後片付けをするより外の空気を感じて作業する方がいいと思うようになりました。ハシモトの家もリフォームできるなら・・・非対面キッチンにしたいです。

キッチンカウンターの後ろには4人掛けの食卓テーブルが置いてあります。
夕食は畳の居間でみんなで集まってするようですから、このテーブルは女性や子供だけで簡単に食事する時や作業台として使われいたのでしょう。劇中では女中さんもいるのでおそらく女中さんはここで食事をしていたのでしょう。

映画のなかで女中役の黒木華さんがそのテーブルの上でまるままのスイカを切るシーンがあります。
ハシモトの家の対面キッチンではまるままスイカはちょっとよだつ。

非対面キッチンと食卓テーブル、なんと便利でしょう。

映画小さなおうち。日本の景色に似合う洋館と作業効率のいい非対面のキッチン。かなり素敵です。

岡山、倉敷で新築、リフォームなら橋本建築に。什器、店舗工事も承ります。

最後までお付き合いありがとうございます。ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村

雰囲気がある

雰囲気がある
先日新築を建てさせて頂いたお隣様です。
いつ頃の建物でしょうか?
今は教会として使われています。
建物につづく小さな地味な路地には草一本生えていません。
古い建物を大切に手入れや日々の掃除で維持されています。
当たり前に木と土で丁寧に作られた家。
そんな建物だけが持つ静謐な雰囲気。
便利で暮らし易いことも住居として大切ですが、もちろん耐震性も。
でも日々暮らす中で便利を追究して不便になってしまうことや、耐震性の名のもとあってのなくてもいい工事を提案して結局は請求だけされ、
工事はされておらず「それが設置されていなくても耐震性に影響はありません」と釈明した事件が岡山でありました。
全国区の大手ハウスメーカーの事件です。
簡素で素朴に暮らすことの美しさをこの建物はまとっている。

フレキシブルな空間

フレキシブルな空間
ハシモトの家の玄関はフレキシブルな空間空間です。
普段は玄関ですが、時々玄関と作業部屋を開放して自宅ショップを開催したりします。作業部屋の延長としても使えます。
玄関1
玄関スペースは3畳、作業場も同じく3畳合わせると結構広いスペースになります。
玄関は家の顔です。立派な玄関に憧れる気持ちも大いにあります。
でも、予算内で納得のいく家を作るには割り切りが大切です。
ハシモトの家はフレキシブルで素朴な空間を選びました。
玄関2
正面の建具は私の趣味の道具や材料が隠してあります。
建具はキャスターで簡単に移動できます。建具の後ろにも私の趣味のモノが隠してあります。
実はその反対は書庫状態です。とっても狭いのですが。(たま、いつかご紹介します)
家の顔というには少々お粗末ですが、私的にはそれなりに雰囲気のある空間だと思っています。
玄関も一つの部屋として使う。少し邪道ですが玄関って意外にもったいない空間なので。
岡山、倉敷で新築、リフォームなら橋本建築に。什器、店舗工事も承ります。
最後までお付き合いありがとうございます。ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村

寝室とオーガニック

寝室とオーガニック
ハシモトの家の寝室は小さな空間です。
ガーデニングショップを主催させていた時に出張などで小さなビジネスホテルに泊まる機会がよくありました。
ベッドと小さなナイトテーブル、テレビ、小さな冷蔵庫、小さなクローゼット、床には小さなスーツケースを全開にできるほどのスペースもありませんでした。
そんな小さなスペースに仕事をして帰って、お風呂に入って、時にはナイトテーブルで夕食をとったりもしました。狭いので身の回りの物を散らかしておくスペースもありません。狭いから片づけるのも簡単。さっさと片付けてベッドの上でハーブティーを飲みながらテレビを見たり、本を読んだりしてリラックス。
時には仕事の書類を整理したりしました。
眠る、休息をとる、リラックスを楽しむ、ちょっとした日常に必要なことをしたり、ちょっとした作業もできたり
出張で使っていた小さなビジネスホテルの小さな空間は、かなり便利で快適な空間でした。
もちろん仕事といっても、ビジネスホテルであっても少し非日常的なホテル暮らしは楽しいもですが。
それを差し引いて考えてもある程度用途を限定して空間を小さくした方が掃除も簡単で片づけもし易いと思います。
寝室とガーゼケット
ホントに小さな部屋ですが不便だと思ったり、圧迫感を感じたことはありません。
とっても快適でお気に入りで、おススメです。
寝室の主な役割は寝ること、眠りにつくまでの至福の時間と用途がかなり限定されています。
ハシモトの家の場合は眠りにつく至福の時間に必要なのは、テレビ、エアコン、照明、ハード的設備はこの3点だけです。
しかし寝室ですから良質な睡眠を可能にすることが一番大切なことだと思います。
眠りつくまでは至福の時間はハード的設備、良質の睡眠とリラックスのためにはソフト的設えを。
私にとってのソフト的設えは寝具と香りです。
寝るの大好きな私に、私よりも寝るのが大好きな妹が寝室のソフトをプレゼントをしてくれました。
ガーゼケットの刺繍
オーガニックコットン100%のガーゼケットに私のイニシャルを刺繍してくれています。
私のリネン類にはいつも妹が、私の一番好きな花ムスカリの花を刺繍してくれます。
寝室でその刺繍を見ると嫌な事も忘れます。嫌なこと忘れて幸せな気分にすらなります。
なにごとも機能だけでは味気ないです。
小さな空間でも機能を限定させることでモノを少なくして、掃除や片づけがし易い機能的な部屋を作る。
でも機能だけでは淋しいので、ソフトとして癒されるモノを取り入れることで、機能的だけど個性的で癒される
有効な空間が作れると思います。
それは家作りのすべに繋がるコトだと思います。
ダウンサイジングの家小さな空間を有効に使えれば建築費用の削減にもつながります。
岡山、倉敷で新築、リフォーム 住まいのダウンサイジングなら橋本建築に。什器、店舗工事も承ります。
最後までお付き合いありがとうございます。ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村

D_MALL京都店 その2

D_MALL京都店 その2
本店の施工をさせていただいたD_MALLの京都店がopenしました。
橋本建築も什器の一部を担当させていただきました。
ちいさい箱
小さな箱もディスプレイされてました。
DSC00916_convert_20130812213303.jpg
やっぱり本店の雰囲気があります。
水玉D_MALLオリジナル
D_MALLオリジナル商品も最近は増えています。
岡山、倉敷で新築、リフォームなら橋本建築に。什器、店舗工事も承ります。
最後までお付き合いありがとうございます。ぽちっ応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村