古いけど素敵な家

古いけど素敵な家

ハシモトの家は新築ももちろん承りますが、リフォームもたくさんあります。私は古い家が大好きです。
でも古い家はやはり水回りなどが劣化して不具合で生じます。そのあたりはリフォームして大切に住んでいただきたいです。
古い家を大切にするためにはリフォームは大切です。

実家も古くて小さいからかもしれませんが、私は小さくて古い家が好きです。それはただ漠然と好きというのではありません。

昔の建物はとっても合理的です。箒やはたきがあれば家中掃除できます。家電製品なんかたくさん使わなくても綺麗になります。昔の家はほとんど自然の素材を使って建ててあるので磨けば磨くほど美しくなります。全てがシンプルに作られていて掃除もし易いです。シンプルな作りは風の通り道を作ります。土壁は天然の空気清浄器です。冬はほっこりと、夏はひんやりとした空気をたくわえています。
↓の家もそんな家です。

最近は50年代、60年代に建てられたと思われる建物に人気があるようです。これらの建物は雰囲気があります。
だから人気があるのでしょう。
その雰囲気は自然の素材がかもしだし、その作りが奇をてらわず簡素で使い勝手いいので大切に使われてきたからでしょう。

ハシモトの家もそんな家になるように出来るだけ自然素材で奇をてらわずシンプル建てました。10年目になって少しいい雰囲気になってきました。

岡山、倉敷で新築リフォームならハシモトの家

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(業者)へ

最後までお付き合いありがとうございます。

映画 小さいおうちのキッチン

映画小さいおううちのキッチン

私は常々家は小さい方がいいと思っています。大きいと掃除が大変です。
ハシモトの家は小さいですがいつも掃除がいき届きません。ルンバが欲しいです。

映画の舞台は昭和11年ごろに建てられた山手のモダンな家が主な舞台です。

かね勾配の赤い瓦屋根に、雰囲気のある鎧窓(劇中では雨戸といってました)
コンパクトで美しい家具、木の建具。洋風でありながら日本の空気感や景色に似合う美しい家です。

なかでも素敵なのは白いタイル張りのキッチンです。

白いタイルのキッチンはもちろん非対面で窓に向かって設置されています。

私は最近テレビを観ながらお料理したり、後片付けをするより外の空気を感じて作業する方がいいと思うようになりました。ハシモトの家もリフォームできるなら・・・非対面キッチンにしたいです。

キッチンカウンターの後ろには4人掛けの食卓テーブルが置いてあります。
夕食は畳の居間でみんなで集まってするようですから、このテーブルは女性や子供だけで簡単に食事する時や作業台として使われいたのでしょう。劇中では女中さんもいるのでおそらく女中さんはここで食事をしていたのでしょう。

映画のなかで女中役の黒木華さんがそのテーブルの上でまるままのスイカを切るシーンがあります。
ハシモトの家の対面キッチンではまるままスイカはちょっとよだつ。

非対面キッチンと食卓テーブル、なんと便利でしょう。

映画小さなおうち。日本の景色に似合う洋館と作業効率のいい非対面のキッチン。かなり素敵です。

岡山、倉敷で新築、リフォームなら橋本建築に。什器、店舗工事も承ります。

最後までお付き合いありがとうございます。ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村

蒔きストーブのためのリフォーム完成しました。

蒔きストーブのためのリフォーム完成しました。
蒔きストーブを取り付けるためには工事が必要です。蒔きストーブのためのリフォームこちらから
まず、巻きストーブや暖炉のない家には煙突がありません。
DSC02626.jpg
急勾配の屋根にバランス良く配置されました。実はストーブの部品としての煙突は円柱の部分だけで、その下の四角い箱の部分は別途屋根の形状に合わせて作る必要があります。
板金を鎧張りにすることで表情が豊かになり高級感が増します。やはり家もルックスは大切です。
DSC02660.jpg
屋内の煙突部分。すっきりときれいに収まっています。
天井裏がない形状なので全て部屋うちに見えてしまいます。ので丁寧な仕事が大切です。
屋根に穴をあけることは家にとって大きなリスクです。、確実でなおかつ美しい仕上げにするには経験豊富な職人さんの技術が不可欠です。
DSC02650.jpg
煙突をつけるための屋根の工事をして、床や壁に既定の防火対策を耐火煉瓦等で設置してやっと巻きストーブが設置できます。
正直岡山県南に巻きストーブがどうしても必要かと聞かれるとNoなのですが、最低気温が0℃の日でも朝室内の温度が
17℃というのはかなり暖かく魅力的です。
そして巻きストーブには火の揺らぎ(これにはかなりのリラックス効果があるらしいです)や、お料理の楽しみ。
中でもやっぱりピザが焼けるのはかなり、いやすごくうれしい。暖をとるためだけでなくたくさんの楽しみがあります。
DSC02677.jpg
インテリアとしての楽しみもあります。蒔きを入れてあるのはお料理に使う寸胴です。
革のグローブと蒔き絵になりますね。
これからたくさんの楽しみや団らんを、この蒔きストーブがO邸もたらしてくれることでしょう。
後日、橋本建築のHPハシモトの家ではもっとたくさんの写真を公開します。ご参考にしたいただければうれしいです。
岡山、倉敷で蒔きストーブ、暖炉のためのリフォーム、新築、一般リフォームお問い合わせ、お見積りは橋本建築に。什器、店舗工事も承ります。
最後までお付き合いありがとうございます。ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村

対面キッチンと非対面キッチン

対面キッチンと非対面キッチン
私もこのY邸が完成するまでキッチンカウンターは対面もしくはアイランドだと思っていました。
対面キッチンを選ぶ理由は「キッチンで孤独になりたくない」「家族の様子に目が届く」私の場合は料理や片づけをしながらテレビが観たいからでした・・・
しかし、キッチンからリビングのテレビの音はよく聞こえません。シンクはサイレントシンクですが換気扇が回っていたりすると画面は見えてもドラマなどまったく理解できません。
現在はどうしてもキッチンでからテレビが観たかったらタブレットで充分です。
キッチンでの孤独を解消できるから、家族の様子に目が届くからというのが対面キッチンのメリットとだと思っていましたが・・・
Y邸の暮らしぶりを拝見して目からうろこが落ちました。
非対面のオープンキッチンのY邸はキッチンのすぐ後ろにダイニングテーブルがあり、子供たちに目が届くだけでなく手もとどきます。子供たちはいつもキッチンで立ち働くお母さんのそばにいます。ちっとも孤独に作業しておられません。
テレビが観たいときはタブレットで。
対面キッチンを選択する理由はクリアされています。
非対面キッチンの最大のメリットは空間を広く使えるとことです。
yk1.jpg
Y邸の全貌はこちらから クリック
対面キッチンは小さな空間を作ってしまします。
それに対して非対面キッチンはこんなにも広々としています。家族みんなでキッチンに立ってお料理に参加できます。
すれちがうの片側通行になる必要もない広さです。
たくさんの家をみて一番優先されるべきは空間をいかにシンプルに広く使うかだと思います。
どうしたら同じ空間をどれだけ広く使うかだけを考えるとキッチンカウンター、ダイニングテーブル、リビング、テレビの配列が一番シンプルで広く美しい。
動線がごちゃごちゃ入り組んでいないので掃除もし易い片づけも簡単です。
そして見えていることによって、いつもキレイでいられる。
新築を建てる時、リフォームをする時、どれだけ空間を広く使うかは最重要課題です。
新築、リフォームをお考えの方、非対面キッチンで広い空間を確保しませんか?
非対面キッチンはコストパフォーマンスもいいですよ。
お問い合わせは、高品質低価格の完全自由設計、設計料無料。岡山、倉敷で新築、リフォームなら橋本建築に。什器、店舗工事も承ります。
最後までお付き合いありがとうございます。ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村

お気に入りのイス

お気に入りのイス
家具は全般に好きなのですが・・・家具が好きだからといってたくさん持てる訳ではないのですが、小さなイスならたくさんあってもいいかと思っています。
あと4~5客は欲しいです。がなかなか高いので気に入ったのがあっても買えません。悲しい。
愛猫が座っているイスはイギリスのアンティーク(一応です。でも100年は経ってないと)
イスが小さいのではなく猫がでかいのですが。普通に人が座って大丈夫です。
座り心地は良くないので、もっぱら踏み台や図書館で借りてきた本の仮置き場か、愛猫が独占しているかです。
DSC_0092 - コピー
イスも大好きなのですが・・・今日はほんとはハシモトの家の猫のかわいらしさを・・・ちょっとご紹介したかったりで・・・
余談ですが家具作りに使う道具と家を建てるのに使う道具はずいぶん異なるようです。
が、テーブルは作れます。ご希望の材料で格安でお作りできます。お問い合わせはハシモトの家から
岡山、倉敷で新築、リフォームなら橋本建築に。什器、店舗工事も承ります。
最後までお付き合いありがとうございます。ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村

新築を建てる時、リフォームする時、気にしていたいコト

新築を建てる時、リフォームをする時、気にしていたいコト。
新築を建てたり、リフォームする時、考えることがたくさんあります。
私は大工の女房として新築もリフォームたくさん見てきました。
システムキッチン、システムバス、壁紙、建具、床材、照明器具、空調器具考えることが山盛りです。
それら以上に大切なのは間取りです。空間利用と動線です。
間取りは建物の根幹から決まります。簡単にやり変えたり変更し難いからです。
そして良い家、使いやす家=間取り、動線が良いコトだといえます。
m2.jpg
上の写真は最近引き渡しが完了した新築物件の階段をあがった2階の廊下部分です。
m1.jpg
正面に2部屋、写真には写ってないトコにもう一部屋あり、このスペースは2階3部屋の共有スペースになります。
ちゃんとした箪笥をお持ちなので作り付けのクロークを作らず、このスペースが箪笥置き場になります。
床面積が24坪と決して大きな家ではないので各部屋にそれぞれ十分にクロークを確保するのが難しかったので、
小さく仕切った個人のクロークより大きな共有スペースにしました。
m3.jpg
廊下にクロークのスペースをプラスしたので隠すことが出来ないのでいつも整理整頓が必要になります。
嫌でも整理整頓できてしまいます。
お手持ちの箪笥を利用することによって新たに建具を用意する必要もなくコストダウンにつながります。
奇をてらったデザインでなく、簡素に考え共有スペースにすることで大きな使いやすい空間の確保とコストダウンにつながります。
新築を建てる時、リフォームをする時、間取りを動線を考える時、デザインでなく簡素にする方法を考えてみると
きっと良い効果があると思いますよ。
岡山、倉敷で新築、リフォームなら橋本建築に。什器、店舗工事も承ります。
最後までお付き合いありがとうございます。ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村

雰囲気がある

雰囲気がある
先日新築を建てさせて頂いたお隣様です。
いつ頃の建物でしょうか?
今は教会として使われています。
建物につづく小さな地味な路地には草一本生えていません。
古い建物を大切に手入れや日々の掃除で維持されています。
当たり前に木と土で丁寧に作られた家。
そんな建物だけが持つ静謐な雰囲気。
便利で暮らし易いことも住居として大切ですが、もちろん耐震性も。
でも日々暮らす中で便利を追究して不便になってしまうことや、耐震性の名のもとあってのなくてもいい工事を提案して結局は請求だけされ、
工事はされておらず「それが設置されていなくても耐震性に影響はありません」と釈明した事件が岡山でありました。
全国区の大手ハウスメーカーの事件です。
簡素で素朴に暮らすことの美しさをこの建物はまとっている。

蒔きストーブのためのリフォーム

蒔きストーブのためのリフォーム
憧れておられる方も多い蒔きストーブ。岡山県南や倉敷市内でのご要望もめずらしくありません。
既存の建物に設置するにはリフォームが必要です。設置する床や壁面を耐火素材にする必要があります。
範囲はストーブの大きさによります。
当然ですが煙突も必要です。場合によっては床面の補強なども必要になります。
DSC02532.jpg
床と壁に耐火煉瓦。壁には珪藻土を塗ります。
職人さんが撮影のために養生を外してくださりました。
DSC02537.jpg
煉瓦をカットしてきれいなアールを作ります。これはかなり大変な作業です。
でも、仕上がりは美しいですね。
床面と壁面の目地を通すことも忘れてはいけません。
珪藻土を塗った壁にはお施主様が趣味で作られているステンドグラスのアイビーの葉っぱ。
光を通さないステンドグラスは彫金のようにも見える。不思議で新たな魅力を発見です。
DSC02493.jpg
お施主様のご希望で珪藻土は出来るだけランダムに。
これもお施主様のご希望で小さな扇型にと。
ベテランの職人さんは私が外構工事をしていた時にも手伝ってくださっていて、ややこしいリクエストにも確かな技術と経験とセンスで応えてくださいます。
岡山、倉敷で新築、リフォーム,蒔きストーブためのリフォームも橋本建築に。什器、店舗工事も承ります。
最後までお付き合いありがとうございます。ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村

キッチンをリフォームできたら。

キッチンをリフォームできたら。
医者の不養生、紺屋の白袴、大工の借家暮らし・・・大工さんは自分の家を建てていたら、なかなか暮らしが成り立ちません。(少し大げさですが、嘘でもありません)
家を建ててもらっただけでもありがたく幸せなのですが・・・人間は欲張りです・・・
日頃からモノを持たない暮らしにあこがれながら・・・好きなモノが多くて困ります。
そんな好きなモノ一つに食器があります。いただきモノがほとんでですが・・・食器は素敵です。
許されるならいろいろ欲しいモノです。
DSC02435.jpg
ちょっと恥ずかしいのですが今夜の夕食から大事な食器を自慢させて頂こうかと・・・
友人が出産のお祝い返しにくださったロイヤルコペンハーゲンの大皿。
和食にも洋食に映える大好きでとっても大切な一品です。
DSC02439.jpg
これは祖母のお下がり。骨董屋さんなんかで100円とかで売っているモノだけど縁のキュっとした角度が使い勝手がよい。
DSC02440.jpg
かわいくてたまらない。妹が箸置き好きの私のために探してくれた箸置き。
DSC02442.jpg
ご飯茶碗とお椀は結婚するときに揃えたモノ。もう20年以上使っている。
流行の形じゃなくなったけど愛着のあるモノ。
今夜の夕食からほんの一部の食器をご披露させて頂きました。ほんの一部ですが・・・
しかし、ハシモトの家にはこの大好きな食器を見せて飾れる飾り棚がありません。
もし、リフォームできたらキッチンカウンターの下をガラス扉の入った飾り棚にしたい。
あーっ、物欲から解放されたいと思いながらどこまでも欲深い私です。
岡山、倉敷で新築、リフォームなら低予算で自由設計、デザイン料無料の橋本建築に。什器、店舗工事も承ります。
最後までお付き合いありがとうございます。ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村

味が出るモノとボロになるモノ

味が出るモノとボロになるモノ。
家を建てる時にもっとも大事なことのひとつに予算のことがあります。
限りある予算を有効に使わなくてはなりません。
最近ハウスメーカーのCMで20歳のリフォームなどというフレーズを聞くのですが、家は20年くらいではどうもなりません。ちゃんとした素材で建てた家ならむしろやっと雰囲気が出てくる頃です。
が、そうはいかな場所があるのです。機材というか器具というか・・・キッチン、お風呂、便器などです。
これらの機材は日進月歩です。
選んだ時には最新型でも家が完成する頃にはもうモデルチェンジしています。
そしてこれらは味がでてくるのではなくボロになっていきます。
蛇口からポタポタ水が漏れたり、お風呂の小さな換気扇は意外に寿命が短いのです。便器も使えないことはないけど小さな不具合がでてきます。10年目に突入したハシモトの家の便器は電源がONになっている印のランプがピコピコしはじめました。電球が切れそうなのでしょう・・・不便はありませんが気になります。自分で交換できる類のものでなさそうなのですが。
そして圧倒的にリフォームが多いのもキッチン、お風呂、トイレなのです。
10年207年で新しくしたくなる場所TOP3です。
高価なシステムキッチンやシステムバスを採用してもそれはあまり関係なくリフォームしたくなる場所です。
流行すたりが激しく次々と便利の提案がある場所だからでしょう。
家を建てる時の予算で悩んだら、システムキッチンやシステムバス、便器などの予算を見直してみてはいかがでしょうか?10年先20年先を考えて。

ハシモトの家で少し予算を多めにとった場所は床です。
床は間取りを変えるか、よほどずさんなメンテナンスをしない限りあまり痛むことがありません。
ハシモトの家はメイプルのうぶ材です。
ニスを使わずに浸透性の植物性オイルを塗ってあるので定期的にニスがけをする必要もありません。
夏ベタベタすることもありません。
10年、20年深い美しい色合いに変わっていくことでしょう。昔大好きだった祖母の家の上り框のように。
将来的にリフォームの可能性が高い場所は予算を抑え目に、味わい風合いの増す材料は少し贅沢してもその分メンテナンスも楽で長く使えてお得です。
岡山、倉敷で新築、リフォームなら低予算で自由設計デザイン料無料の橋本建築に。什器、店舗工事も承ります。
最後までお付き合いありがとうございます。ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村