ポストカードを飾る

ポストカードを飾る ハシモトの家

私の朝食用のパンはいつも妹が焼いてくれます。

先日パンをもらいに行ったらパンにこのカードが添えてありました。吹き出しのセリフは妹がアレンジしたものです。
妹は紙の使い方がとっても上手だと思います。

このカードは倉敷の林玄十郎商店で開催されるチクリンのフライヤーです。
あんまりかわいいのでもって帰って飾りました。

DSC_0489

あんまりモノを飾ったりしないのですが、ポストカードは気軽に飾れて邪魔にならず、気分転換になるのでお気に入りや季節のモノを時々飾ります。

ポストカードの女性に似ていると妹が言ってくれたハシモトの家園芸部部長。ポストカード彼女の様に美白ならいいのの・・・
でも、園芸部部長なので仕方ないです。

DSC_0499

新しいお鍋収めました。

新しいお鍋収めました。ハシモトの家

買えない、すてられないタイプなのですが・・・新しいお鍋を買ってしまいました。

買えない、すてられないタイプの私の収納法は新しいモノを買ったら整理するです。

あまり凝ったお料理をしないハシモトの家のキッチンは小さく収納も少ないので新しいモノを買うのは勇気と整理が大切です。

整理の結果、元々メインのお鍋ティファールの大中小の定位置に新しいお鍋 ヨシノクラフト QTシリーズ両手鍋を、赤いマイヤーの横に茶香炉用の茶葉とか飲みきらなかった紅茶の缶とそこになくてもいいようなモノが置いてありました。そこを整理して同じくヨシノクラフト QTシリーズ片手鍋を収めました。

2014-06-01-16-42-38_deco

丁度いい感じに収まりました。
スタッキングしたティファールの中に入れて収納していた無印のミルクパンは1000円のもう処分してもいいようなフライパンがあった場所へ。
フライパンとメインだったティファールの大中小は整理をしなおした引き出しに収納することにしました。
ヨシノクラフトのQTシリーズは蓋がフライパンになっています。新しいフライパンになれたら1000円のフライパンは処分するつもりです。
ティファールの大中小も年末にお節を作る時に出番がなかったら処分を考えます。

2014-06-01-16-47-29_deco

ヨシノクラフトQTシリーズを収めるためにキッチンを整理したら少し処分するべきモノがありました。これを処分し整理しなおすことで新しいお鍋を購入する以前より少し広く使えるようになりました。

DSC_0471

なぜ前回整理した時に捨てられなかったのか?なモノ。自分の心理ながら不思議です。

キッチンの新しい道具

キッチンの新しい道具 ハシモトの家

先日橋本建築がお世話になっている会社の展示会に行ってきました。

そこでお鍋に一目ぼれしてしまいました。(大した料理もできないくせに・・・)

6~7年前身近でフランスの超有名鍋ルクルーゼが大流行しました。友人たちはみんなルクルーゼを購入しました。
ルクルーゼは優秀でとってもかわいい・・・私も心が揺らぎました(なんといってもフランス大好きですから)
でも、大した料理もできないのと、置き場所がないと自分に言い聞かせ友人や妹のルクルーゼを見て指をくわえて踏みとどまりました。

なのに・・・なのに・・・衝動に勝てないなんて・・・情けなし・・・まぁ主人の後押しもあったし、お世話になってる方の展示会だし・・・
言い訳満載ですが・・・買ってもらいました。お鍋。

で、その新しいお鍋の置き場を考えなければなのです。

私は捨てる人だと思われているのですが、実は物持ちがいいタイプでどちらかというと捨てられないタイプです。
買えない捨てられないタイプです。

買えないのですごくモノ持ちではないのですが・・・買う前に捨てろ!的な収納方法は出来ないのです・・・捨てられないタイプなので。

だから私の収納は買ったら整理する!!お鍋みたいに嵩張るものはもちろんですが、洋服や靴下の様な小さなモノでも
新しく購入したら整理して収める努力をします。適当に仕舞ったりはしません。整理すると意外なデットスペースを発見できるものです・・・たぶん

さてさて、新しいお鍋を収めなくてはいけません。

現在我が家の主な調理器具はスタッキングできるティファールのテフロンのお鍋大中小。これにはフライパンが付いて確か20000円くらいだったと。
フライパンは2年くらいでダメにしてしましました。がお鍋は使い捨てといわれるテフロンですがもう10年目です。今でも十分重宝しています。
それに我が家で20000円は使い捨てのお品ではありません。それと1000円のテフロンのフライパン(試用期間1年半)と同じく980円のテフロンの卵焼き器(5年)です。どちらもお役御免になってもいいのですが・・・なかな捨てられません。
テフロンのフライパンは新しに限ります。なので1000円くらいのものなら毎年おせちを作る時に慎重すればいいと思って・・・このフライパンで2回おせちを作りました。私はほんとに捨てられない人です。しかもこの1000円のフライパンIHの熱が強すぎるせいか歪んでいてIHの電磁波でブルブル踊ります。
もう処分するべきです。

後は柳宗理のミルクパン(お湯を沸かすだけですが毎日使います。その使い勝手の良さは有名ですよね)と同じくやかんです。
それから無印のミルクパンがもう一つ。こちらは目盛が付いているのでお味噌汁を作る用って感じです。無印のミルクパンはそそぎ口があまり優秀でなく処分するつもりで柳宗理を購入したのですが目盛が付いているのが便利で処分できませんでした。

赤いプラッスティツクの物体は妹から借りている電子レンジ用の圧力鍋マイヤーです。大した料理はできない私です。この便利なお鍋は玄米炊飯専用になっています。

写真には写っていませんがイタリアのラゴスティーナのフライパンも持っています。(一応いいモノも持っています)が、これはふたり暮らしには大きすぎるのと、ステンレス(たぶん5層とかの)で洗う時に重くてあまり活躍していません。しかし、いくら活躍していないからといってラゴスティーナ!!高かった!!(頂いた商品券で買ったのですが)ので処分できません。それにやっぱりその美しさ手放せません。

DSC_0466
現在の調理器具の様子

DSC_0455

結局どれも処分できそにありません。新しく購入したその美しに一目ぼれしたお鍋はまだ箱のなかです。整理をしてデットスペースを探します。