味が出るモノとボロになるモノ

味が出るモノとボロになるモノ。
家を建てる時にもっとも大事なことのひとつに予算のことがあります。
限りある予算を有効に使わなくてはなりません。
最近ハウスメーカーのCMで20歳のリフォームなどというフレーズを聞くのですが、家は20年くらいではどうもなりません。ちゃんとした素材で建てた家ならむしろやっと雰囲気が出てくる頃です。
が、そうはいかな場所があるのです。機材というか器具というか・・・キッチン、お風呂、便器などです。
これらの機材は日進月歩です。
選んだ時には最新型でも家が完成する頃にはもうモデルチェンジしています。
そしてこれらは味がでてくるのではなくボロになっていきます。
蛇口からポタポタ水が漏れたり、お風呂の小さな換気扇は意外に寿命が短いのです。便器も使えないことはないけど小さな不具合がでてきます。10年目に突入したハシモトの家の便器は電源がONになっている印のランプがピコピコしはじめました。電球が切れそうなのでしょう・・・不便はありませんが気になります。自分で交換できる類のものでなさそうなのですが。
そして圧倒的にリフォームが多いのもキッチン、お風呂、トイレなのです。
10年207年で新しくしたくなる場所TOP3です。
高価なシステムキッチンやシステムバスを採用してもそれはあまり関係なくリフォームしたくなる場所です。
流行すたりが激しく次々と便利の提案がある場所だからでしょう。
家を建てる時の予算で悩んだら、システムキッチンやシステムバス、便器などの予算を見直してみてはいかがでしょうか?10年先20年先を考えて。

ハシモトの家で少し予算を多めにとった場所は床です。
床は間取りを変えるか、よほどずさんなメンテナンスをしない限りあまり痛むことがありません。
ハシモトの家はメイプルのうぶ材です。
ニスを使わずに浸透性の植物性オイルを塗ってあるので定期的にニスがけをする必要もありません。
夏ベタベタすることもありません。
10年、20年深い美しい色合いに変わっていくことでしょう。昔大好きだった祖母の家の上り框のように。
将来的にリフォームの可能性が高い場所は予算を抑え目に、味わい風合いの増す材料は少し贅沢してもその分メンテナンスも楽で長く使えてお得です。
岡山、倉敷で新築、リフォームなら低予算で自由設計デザイン料無料の橋本建築に。什器、店舗工事も承ります。
最後までお付き合いありがとうございます。ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>