蒔きストーブのためのリフォーム

蒔きストーブのためのリフォーム
憧れておられる方も多い蒔きストーブ。岡山県南や倉敷市内でのご要望もめずらしくありません。
既存の建物に設置するにはリフォームが必要です。設置する床や壁面を耐火素材にする必要があります。
範囲はストーブの大きさによります。
当然ですが煙突も必要です。場合によっては床面の補強なども必要になります。
DSC02532.jpg
床と壁に耐火煉瓦。壁には珪藻土を塗ります。
職人さんが撮影のために養生を外してくださりました。
DSC02537.jpg
煉瓦をカットしてきれいなアールを作ります。これはかなり大変な作業です。
でも、仕上がりは美しいですね。
床面と壁面の目地を通すことも忘れてはいけません。
珪藻土を塗った壁にはお施主様が趣味で作られているステンドグラスのアイビーの葉っぱ。
光を通さないステンドグラスは彫金のようにも見える。不思議で新たな魅力を発見です。
DSC02493.jpg
お施主様のご希望で珪藻土は出来るだけランダムに。
これもお施主様のご希望で小さな扇型にと。
ベテランの職人さんは私が外構工事をしていた時にも手伝ってくださっていて、ややこしいリクエストにも確かな技術と経験とセンスで応えてくださいます。
岡山、倉敷で新築、リフォーム,蒔きストーブためのリフォームも橋本建築に。什器、店舗工事も承ります。
最後までお付き合いありがとうございます。ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>