映画 小さいおうちのキッチン

映画小さいおううちのキッチン

私は常々家は小さい方がいいと思っています。大きいと掃除が大変です。
ハシモトの家は小さいですがいつも掃除がいき届きません。ルンバが欲しいです。

映画の舞台は昭和11年ごろに建てられた山手のモダンな家が主な舞台です。

かね勾配の赤い瓦屋根に、雰囲気のある鎧窓(劇中では雨戸といってました)
コンパクトで美しい家具、木の建具。洋風でありながら日本の空気感や景色に似合う美しい家です。

なかでも素敵なのは白いタイル張りのキッチンです。

白いタイルのキッチンはもちろん非対面で窓に向かって設置されています。

私は最近テレビを観ながらお料理したり、後片付けをするより外の空気を感じて作業する方がいいと思うようになりました。ハシモトの家もリフォームできるなら・・・非対面キッチンにしたいです。

キッチンカウンターの後ろには4人掛けの食卓テーブルが置いてあります。
夕食は畳の居間でみんなで集まってするようですから、このテーブルは女性や子供だけで簡単に食事する時や作業台として使われいたのでしょう。劇中では女中さんもいるのでおそらく女中さんはここで食事をしていたのでしょう。

映画のなかで女中役の黒木華さんがそのテーブルの上でまるままのスイカを切るシーンがあります。
ハシモトの家の対面キッチンではまるままスイカはちょっとよだつ。

非対面キッチンと食卓テーブル、なんと便利でしょう。

映画小さなおうち。日本の景色に似合う洋館と作業効率のいい非対面のキッチン。かなり素敵です。

岡山、倉敷で新築、リフォームなら橋本建築に。什器、店舗工事も承ります。

最後までお付き合いありがとうございます。ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>