ビルケンとフェラガモ

モノを持たないで暮らしたい。ズーーーーっとそう願っているのですが、現実はかなり厳しい。

そんな中で唯一と言っていいかもくらい納得しているスペースが下駄箱。

 

箱ではないので下駄棚ですが。

 

私はなんでも私なりの定番を決めています

が、なかなかこれが定番っと決められるモノは見つけられません。

私的定番の条件としては、デザインや使い勝手が良いのはもちろんですが、お手頃価格でなくてはなりません。よね。

生活に必要なモノが定番化できたら少ないモノで、スッキリ暮らせると‥思っているのですが。

なかなかです。

そんな中で定番化の完成度が高いのが下駄棚。

image

ヒールが履けないので(仕事柄必要もないのですが)普段や旅には全てビルケンです。礼服には少し女性らしいフェラガモのローファーを。フェラガモは高価な靴ですが、礼服など着る機会が少ないので、多分生涯で一足あれば間に合うと。ビルケンもお手頃(私的に)とはいえません。例えばボストン(ビルケンの靴にはそれぞれのデザインに世界の都市の名前がついています)はビルケンの(私的にも)定番中の定番です。スーパーベーシック。だいたい20000円くらい(素材やシリーズで多少違います。)と安いとは思えません。が、ビルケンのボストンですと日常履きでも10年は履きます。10年履いたら底を貼り替えたり、中敷を新しくしたりで10年は無理でも5年は履けます。これなら高くない。

私の定番の靴たちは、少しあらたまった装いに履きたいコントワー・デ・コトニエとペップバーンみたいな茶色いフェラガモ。イタリア製の茶色いロングブーツ。初めて行ったパリで買ったカンペールのペタンコミュール。
カバンや服や用途に合わせたビルケンが、去年誕生日に10年越しに念願叶って買ったショートブーツを含む8足。もう少し棚に余裕があるのでビルケンの黒のロングブーツと黒いパリが欲しい。

この下駄棚はこの奥の小さなスペースに隠していたのですが、見てると楽しくて夢が持てるので見やす場所に置き直しました

家中がこの下駄棚の様に定番化できたモノだけにできたらいいなぁ〜。

今日は家の中で一番好きな場所をご紹介させて頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>