日常とカオス

20年くらい前に大流行したスチール棚に何やら植物をたくさん育てている。

狭い食卓テーブルに何やら日常の道具が鎮座ましましている。

なにやらその混沌とした様子に愛を感じる。

私はその混沌とした様子がかなり好きだ。憧れるといってもいい。尊敬している。

しかし、美しい日常の混沌は難しい。そこに愛を感じる様子となるといよいよ難しい。

今日は仕事から帰って、ゴロゴロしていた。かろうじてお風呂の準備と夕食の用意をした。

買い物も行ってないので毎度の横着手抜き飯。

image

手間はかけてないけど、材料を無駄にしない様に、栄養や配偶者の体調や好みも考えて作っているのに、なにやら殺風景な気がする。器も新婚当時から20年以上大切に使っているモノばかり。

妹は昔から収集癖があって彼女の家はカオスだ。カオスだが掃除はそこそこ几帳面にしている。
が、新築の家も彼女は即座にカオス化してします。雰囲気のある空間を作り出す。なにやら綺麗好きのおばあちゃんの部屋の様な暖かさがある。写真を撮らせてもらいたい。今度交渉してみる。

あっ、そうそうそ彼女が住むと新築の家も同潤会アパートの様な雰囲気になる。

私の家は配偶者曰く寒々しいと(暖かいんだけどね)

image

簡素であるコトと暖かみ、一見相反する様に思われるが、それを兼ね備えた部屋をたまに見る。

最近では杏ちゃんと長谷川博己の出演しているドラマ、デートの藪下依子(杏)の実家、依子の住む官舎、谷口巧(長谷川博己)の個室。どの部屋も簡素だけど暖かみがある素敵な部屋。

そんな部屋に憧れる、なにが足りないのか?愛?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>