wpmaster のすべての投稿

庭の胡蝶蘭

今年は夏に雨がたくさん降ったので庭で胡蝶蘭に蕾が付きました。

正しい管理とは違うと思いますが、簡単に胡蝶蘭を咲かせる私の経験的管理方法ですがかなりの確率で蕾が付くのでご参考に。

胡蝶蘭は東南アジア原産なので最近の暑い倉敷の気候だと簡単に蕾が付きます。

寒さには弱いので花後GWくらいまでは室内で管理しいます。

最近は暑いので4月くらいには外へ出しても大丈夫かなぁ?

屋外では落葉樹の下などでしっかり遮光して加湿気味で管理します。

水はドボドボ鉢に水をあげるのでなく、周りに給水する感じ(この塩梅がちょっとわかりにくかも)加湿する感じなのですが。蘭は着生植物なので乾燥には強いはずなので根は少し乾き気味だけど高温多湿な感じで。

私は外で管理している間は水も肥料も上げないんだけど、水くらいはあげた方が蕾が付く確率は高いでしょうね(たぶん)

ちゃんと遮光ができて、水と、肥料が足りていれば冬に開花した株が庭で夏に咲くこちもあります。

私の場合は何にも世話をしないので夏に咲いた事はないのだけど、お客様のお庭では開花します。

今年のように雨が多ければ水をあげなくても11月くらいには蕾ができます。

image

 

 

肥料不足で小さい蕾ですが。ひよひよとした可憐な花を咲かせます。

じつは、この株には2本花芽が出来ていたのですが、私が気が付かずに折ってしまって。くーっ残念。

胡蝶蘭に蕾をつけさせるには花後に花茎を下から3節くらいを残して切れと言われているので、この作業をしていなかったのでまさか蕾が付いていると思わなかったので、気が付かずに折ってしまいました、でも切らなくても蕾は付くようです。

大切なのは夏場の遮光と加湿。冬場の温度と肥料、加湿 だと思います。

蕾が付いたら暖かい室内に取り込んで、蘭用の液肥を1週間に1度くらいの間隔で施肥します。施肥することで輪が大きくなることはありませんが花数は増えます。

 

私のやり方ではプロの蘭農家さんが育てられる様な立派な花はさきません。

が小ぶりで可愛らしい花が簡単に咲きます。 なかなか上手く説明出来ない…

image

寒くなりました。

ネット環境が新しくなって、これからはブログの更新もっとがんばりたいです。

倉敷にも寒波がやってきて、我慢できなくてストーブ始動開始です。リビングではこのストーブでなく普段は温風ヒーターを使うのですか今日はおでんなので。

最近の家は気密性が高いのでエアコンだけのお宅もおおいのですが、ハシモトの家にははストーブが似合います。特別なストーブでなくごくごく普通のストーブが似合ってると。

iPadからの更新慣れてないので、イヤブログの更新に慣れてないのでバランス悪いですが。

 

image

 

 

ポストカードを飾る

ポストカードを飾る ハシモトの家

私の朝食用のパンはいつも妹が焼いてくれます。

先日パンをもらいに行ったらパンにこのカードが添えてありました。吹き出しのセリフは妹がアレンジしたものです。
妹は紙の使い方がとっても上手だと思います。

このカードは倉敷の林玄十郎商店で開催されるチクリンのフライヤーです。
あんまりかわいいのでもって帰って飾りました。

DSC_0489

あんまりモノを飾ったりしないのですが、ポストカードは気軽に飾れて邪魔にならず、気分転換になるのでお気に入りや季節のモノを時々飾ります。

ポストカードの女性に似ていると妹が言ってくれたハシモトの家園芸部部長。ポストカード彼女の様に美白ならいいのの・・・
でも、園芸部部長なので仕方ないです。

DSC_0499

新しいお鍋収めました。

新しいお鍋収めました。ハシモトの家

買えない、すてられないタイプなのですが・・・新しいお鍋を買ってしまいました。

買えない、すてられないタイプの私の収納法は新しいモノを買ったら整理するです。

あまり凝ったお料理をしないハシモトの家のキッチンは小さく収納も少ないので新しいモノを買うのは勇気と整理が大切です。

整理の結果、元々メインのお鍋ティファールの大中小の定位置に新しいお鍋 ヨシノクラフト QTシリーズ両手鍋を、赤いマイヤーの横に茶香炉用の茶葉とか飲みきらなかった紅茶の缶とそこになくてもいいようなモノが置いてありました。そこを整理して同じくヨシノクラフト QTシリーズ片手鍋を収めました。

2014-06-01-16-42-38_deco

丁度いい感じに収まりました。
スタッキングしたティファールの中に入れて収納していた無印のミルクパンは1000円のもう処分してもいいようなフライパンがあった場所へ。
フライパンとメインだったティファールの大中小は整理をしなおした引き出しに収納することにしました。
ヨシノクラフトのQTシリーズは蓋がフライパンになっています。新しいフライパンになれたら1000円のフライパンは処分するつもりです。
ティファールの大中小も年末にお節を作る時に出番がなかったら処分を考えます。

2014-06-01-16-47-29_deco

ヨシノクラフトQTシリーズを収めるためにキッチンを整理したら少し処分するべきモノがありました。これを処分し整理しなおすことで新しいお鍋を購入する以前より少し広く使えるようになりました。

DSC_0471

なぜ前回整理した時に捨てられなかったのか?なモノ。自分の心理ながら不思議です。

キッチンの新しい道具

キッチンの新しい道具 ハシモトの家

先日橋本建築がお世話になっている会社の展示会に行ってきました。

そこでお鍋に一目ぼれしてしまいました。(大した料理もできないくせに・・・)

6~7年前身近でフランスの超有名鍋ルクルーゼが大流行しました。友人たちはみんなルクルーゼを購入しました。
ルクルーゼは優秀でとってもかわいい・・・私も心が揺らぎました(なんといってもフランス大好きですから)
でも、大した料理もできないのと、置き場所がないと自分に言い聞かせ友人や妹のルクルーゼを見て指をくわえて踏みとどまりました。

なのに・・・なのに・・・衝動に勝てないなんて・・・情けなし・・・まぁ主人の後押しもあったし、お世話になってる方の展示会だし・・・
言い訳満載ですが・・・買ってもらいました。お鍋。

で、その新しいお鍋の置き場を考えなければなのです。

私は捨てる人だと思われているのですが、実は物持ちがいいタイプでどちらかというと捨てられないタイプです。
買えない捨てられないタイプです。

買えないのですごくモノ持ちではないのですが・・・買う前に捨てろ!的な収納方法は出来ないのです・・・捨てられないタイプなので。

だから私の収納は買ったら整理する!!お鍋みたいに嵩張るものはもちろんですが、洋服や靴下の様な小さなモノでも
新しく購入したら整理して収める努力をします。適当に仕舞ったりはしません。整理すると意外なデットスペースを発見できるものです・・・たぶん

さてさて、新しいお鍋を収めなくてはいけません。

現在我が家の主な調理器具はスタッキングできるティファールのテフロンのお鍋大中小。これにはフライパンが付いて確か20000円くらいだったと。
フライパンは2年くらいでダメにしてしましました。がお鍋は使い捨てといわれるテフロンですがもう10年目です。今でも十分重宝しています。
それに我が家で20000円は使い捨てのお品ではありません。それと1000円のテフロンのフライパン(試用期間1年半)と同じく980円のテフロンの卵焼き器(5年)です。どちらもお役御免になってもいいのですが・・・なかな捨てられません。
テフロンのフライパンは新しに限ります。なので1000円くらいのものなら毎年おせちを作る時に慎重すればいいと思って・・・このフライパンで2回おせちを作りました。私はほんとに捨てられない人です。しかもこの1000円のフライパンIHの熱が強すぎるせいか歪んでいてIHの電磁波でブルブル踊ります。
もう処分するべきです。

後は柳宗理のミルクパン(お湯を沸かすだけですが毎日使います。その使い勝手の良さは有名ですよね)と同じくやかんです。
それから無印のミルクパンがもう一つ。こちらは目盛が付いているのでお味噌汁を作る用って感じです。無印のミルクパンはそそぎ口があまり優秀でなく処分するつもりで柳宗理を購入したのですが目盛が付いているのが便利で処分できませんでした。

赤いプラッスティツクの物体は妹から借りている電子レンジ用の圧力鍋マイヤーです。大した料理はできない私です。この便利なお鍋は玄米炊飯専用になっています。

写真には写っていませんがイタリアのラゴスティーナのフライパンも持っています。(一応いいモノも持っています)が、これはふたり暮らしには大きすぎるのと、ステンレス(たぶん5層とかの)で洗う時に重くてあまり活躍していません。しかし、いくら活躍していないからといってラゴスティーナ!!高かった!!(頂いた商品券で買ったのですが)ので処分できません。それにやっぱりその美しさ手放せません。

DSC_0466
現在の調理器具の様子

DSC_0455

結局どれも処分できそにありません。新しく購入したその美しに一目ぼれしたお鍋はまだ箱のなかです。整理をしてデットスペースを探します。

洋服の収納

洋服の収納 (ハシモトの家)

ハシモトの家で悩ましい収納は洋服と台所回りです。
今日は主人のクローゼット(ただの洋服ダンスですが・・・)
↓の洋服ダンスは結婚した時に箪笥が有名な府中で購入した物です。私たちの世代(岡山ではかな?)基本的にはまだ婚礼ダンスなるものは結婚する時には必要でした。サザビーズなどのちょっと洒落ている物の選択肢もあったし、婚礼ダンスは持たないという人も少しづつ増えてはいました。
が、家族や主人の意見で我が家では婚礼ダンスを揃えました。

家を建てる時にウォークインクローゼットも考えましたが、箪笥はすでに存在しているし、やはり洋服を保管するには桐ダンスの方が優れているので、脱衣場、洗面所の並びに箪笥置き場を作りました。

 

私は既製品をいろいろカスタマイズして収納するタイプではありません。

箪笥は職人さんがたくさんの経験を積まれて制作され、優れた収納力をもともと備えています。
私が下手な工夫をしない方がいいに決まってますよね。

そんな優れた収納力を持つ箪笥があってもなかなか服は片付きません。

が、主人は下着と作業服、式服以外は95%がドミンゴの商品です。たくさん買えないし、またたくさん必要ないので、なかなかすっきり片付いています。

そして念願の木のハンガーで揃えるをやってみました。

DSC_0249

手前と上段だオンシーズンなので衣替えは入れ替えるだけです。

岡山、倉敷で新築、リフォームなら橋本建築に。什器、店舗工事も承ります。

最後までお付き合いありがとうございます。ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村

健康住宅とエコ住宅

健康住宅とエコ住宅

健康住宅とエコ住宅は実は似て非なるモノだと思います。

簡潔に違い言葉で表現すると、健康住宅は通気性のいい家エコ住宅は気密性の高い家。という感じです。

通気性と気密性まったく反対のことをが健康住宅とエコ住宅では重要視されます。

でも、私はハシモトの家に住んで、土と木の昔ながらの建築と現代の気密性の高いサッシがあれば両者の機能を備えた家も意外に簡単に現実できると感じています。

H013a

新しいモノを取り入れると同じように、古いモノを大切にできたら私たちの住宅環境が良くなると。

古いけど素敵な家

古いけど素敵な家

ハシモトの家は新築ももちろん承りますが、リフォームもたくさんあります。私は古い家が大好きです。
でも古い家はやはり水回りなどが劣化して不具合で生じます。そのあたりはリフォームして大切に住んでいただきたいです。
古い家を大切にするためにはリフォームは大切です。

実家も古くて小さいからかもしれませんが、私は小さくて古い家が好きです。それはただ漠然と好きというのではありません。

昔の建物はとっても合理的です。箒やはたきがあれば家中掃除できます。家電製品なんかたくさん使わなくても綺麗になります。昔の家はほとんど自然の素材を使って建ててあるので磨けば磨くほど美しくなります。全てがシンプルに作られていて掃除もし易いです。シンプルな作りは風の通り道を作ります。土壁は天然の空気清浄器です。冬はほっこりと、夏はひんやりとした空気をたくわえています。
↓の家もそんな家です。

最近は50年代、60年代に建てられたと思われる建物に人気があるようです。これらの建物は雰囲気があります。
だから人気があるのでしょう。
その雰囲気は自然の素材がかもしだし、その作りが奇をてらわず簡素で使い勝手いいので大切に使われてきたからでしょう。

ハシモトの家もそんな家になるように出来るだけ自然素材で奇をてらわずシンプル建てました。10年目になって少しいい雰囲気になってきました。

岡山、倉敷で新築リフォームならハシモトの家

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(業者)へ

最後までお付き合いありがとうございます。

映画 小さいおうちのキッチン

映画小さいおううちのキッチン

私は常々家は小さい方がいいと思っています。大きいと掃除が大変です。
ハシモトの家は小さいですがいつも掃除がいき届きません。ルンバが欲しいです。

映画の舞台は昭和11年ごろに建てられた山手のモダンな家が主な舞台です。

かね勾配の赤い瓦屋根に、雰囲気のある鎧窓(劇中では雨戸といってました)
コンパクトで美しい家具、木の建具。洋風でありながら日本の空気感や景色に似合う美しい家です。

なかでも素敵なのは白いタイル張りのキッチンです。

白いタイルのキッチンはもちろん非対面で窓に向かって設置されています。

私は最近テレビを観ながらお料理したり、後片付けをするより外の空気を感じて作業する方がいいと思うようになりました。ハシモトの家もリフォームできるなら・・・非対面キッチンにしたいです。

キッチンカウンターの後ろには4人掛けの食卓テーブルが置いてあります。
夕食は畳の居間でみんなで集まってするようですから、このテーブルは女性や子供だけで簡単に食事する時や作業台として使われいたのでしょう。劇中では女中さんもいるのでおそらく女中さんはここで食事をしていたのでしょう。

映画のなかで女中役の黒木華さんがそのテーブルの上でまるままのスイカを切るシーンがあります。
ハシモトの家の対面キッチンではまるままスイカはちょっとよだつ。

非対面キッチンと食卓テーブル、なんと便利でしょう。

映画小さなおうち。日本の景色に似合う洋館と作業効率のいい非対面のキッチン。かなり素敵です。

岡山、倉敷で新築、リフォームなら橋本建築に。什器、店舗工事も承ります。

最後までお付き合いありがとうございます。ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村