侘び寂び

侘び寂び

今日はお客様のお庭のメンテナンス。仕事をしながらどうしたらお庭がもっとよくなるかをずーっと考えながら作業をします。

上手くできているのに魅力的でない庭があります。どうしてだろう?今日はそんな事を考えて作業していました。

植物のお世話をしていると、ふっと答えがみつかることがあります。答えというよりそれを説明するための言葉がみつかる感じですが。

上手くできているのに魅力的でないお庭に出会うとその原因を考え探して解消していきます。

最近ずーっと気になっていた上手くできているのに魅力的でないお庭は、まずは遠近方がダメでした。これは植栽のレイアウトを変えて解決しました。建物と庭のバランスが悪かったのですがこれは新しく塀を設置して樹木が大きくなったことで解決しました。
無機質なプレハブの建物とナチュラル感満載の植栽。建物と植栽のテクスチャーがバラバラだったのも後から設置した塀で緩和さすことができました。お掃除もいき届いたお庭でこれといった欠点はみあたらないのに・・・魅力的でない
なにが足りないのだろう?ずーっと考えていて今日気が付きました。足りなかったのは「侘び寂び」です。

今日お世話をさせていただいたお庭は、やりすぎない、作りすぎないことを意識して作っているお庭です。

DSC_0072

スマホの写真で解りにくいけどビオラの鉢植えが花盛りと並んでいます。その近くに形の違う鉢にビオラとは違う動きをするペラルゴニュームを配しています。計算ずくでなくさりげなく。利休先生が基礎を知って新しい工夫を。偉そうにならず謙虚にさりげなく。
そんな言葉を思い出しながら配しています。

DSC_0070

そしてなにより野にあるように。このクリスマスローズは実生です。新たに植え付けが出来ない場所に自然に咲きました。

欠点は時にすごく魅力的、魅力的な欠点。まだまだわからないけど「侘び寂び」を織り込んでいけたら魅力的な庭作りになると。そんな事を考えた今日の庭仕事です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>