季節を知る

私の仕事はいつも季節感の近くにある。

植物は人より早く季節を知る。

もうひとつ植物から知る季節とは別の季節を知ることが出来るのがお茶のお稽古。

もう、お茶のお稽古を再開して3年がたちました。

お稽古に行ってただ静かな時間を過ごして、自分の立ち振舞いに意識を集中させる。
先生がご用意してくださるしつらえに季節を教えられる。

お茶杓の銘やお茶碗で季節知る。

私のお茶はただただお稽古をするだけ。お免除をいただくわけでも、お道具を集める訳でなく。

ただただ簡素に質素に、道理があればモノは最小限でいい。

私の先生は所作以外のことはいわれません。私のお稽古に対する姿勢も認めてくださっています。

お茶の世界は物欲の世界です。たぶん。

だって、このお茶碗かどうとか、このお茶杓がどうのとかですから。
私もお道具を見ていると欲しくなります。

でも、決めています。お茶道具はそろえない、お免除もいらな、ただただお稽古をするだけ。

それが私らしいと思う。

image

極寒の時に使われる筒茶碗。今日倉敷も寒かった。こんな日にはよく似合う。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

頭痛と一緒は地味弁当

私は子供の時から頭痛持ち。

それが最近ひどい。お年頃のせいだろう。仕方なし。

が、その頭痛のせいでいろいろな事が、益々ダメダメになる。

片頭痛の前兆に空腹感なる症状がある。

頭が痛いので、ちゃんと料理したりする気分にはならないので、適当なモノとかお菓子とかダラダラ食したり。

口当たりが良く好物のアイスをたくさん食べたり。

今日は仕事。

ダラダラの罰に今日は地味弁当。

でも、それなりに栄養バランスはそこそこ。

玄米さえ炊いてあれば。ダラダラでも地味弁当でどうにかなる。

image

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ボローニャ バリエガータ ニュードーン バラは剪定の季節

バラの剪定はいい加減でいい、適当でいいなんて園芸家の方も多いのですが。

私としては肥料より剪定を重視しています。

 

バラは庭でどんな形で咲かせるか、庭の大きさに似合った大きさにする必要があるからです。

 

簡単にいってしまうと全てバランスが大事。

の、一言で片付けてしまう私です。

バランスが悪いと不都合なモノ。例えは‥食べ物

例えば、例えば、マヨネーズが好きだからと、なんでもかんでもマヨネーズを大量に使うのはどうだろう?

例えば、例えば、がんばって作った料理をひとくちも口にせず大量のマヨネーズをぶっかけられたら奥様はどう思うだろう?

私なら激高する。

そして盛大な夫婦喧嘩になる。もちろん極端にマヨネーズが好きな旦那様は太って‥な感じになって残念、で、きっとそんなに大量のマヨネーズをバランス悪く食べていると健康を害したりする。

バランスが悪いと不都合が生じる。

だから、バラの剪定もバランスが大事。

ただただ大きくしては花数も減ってしまうし、病害虫を蔓延させてしまう。

株を長持ちさせるためには、時には思い切って古い枝を抜くことも必要だし、狭い場所で大型のつるバラを盛大に伸ばすこともよくない。

庭とのバランスを考えて、バラの大きさを剪定で整えておかないとバラはもちろん、庭までもがその健康を害して美しさを保てなくなります。

 

image

 

写真はオールドローズのボローニャバリエガータは場所に対して大きくなり過ぎ、のびのびさせてあげられないので古いシュートを株元から抜きました。

 

image

 

こちらのお宅は長い塀が東に面し午前中の日差しを遮るものが何もありません。まだ若いニュードーンには贅沢過ぎる環境です。

こちらはどこまでも伸ばしてとあげていたいと思います。先だけ軽く伸ばしたい方向に芽を残して剪定終了。

塀に銅線を引いて次回のメンテナンスで誘引します。

施肥に植え替え、剪定とバラには忙しい季節ですね。

この季節バラの名パートナーのクレマチスの植え替え、剪定、施肥も同時に。クレマチスは新枝咲きの品種のみ強剪定できます。

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする